徹平ちゃん日和♪

teppeikun.exblog.jp
Top
『医龍』第2話
2006年 04月 21日 |
大活躍!!伊集院先生ww

今回の「医龍」は、まさに伊集院祭り♪ といっても過言ではなかったと思います。
そして、今回も徹平ちゃんの演技にはやられまくってしまいました。
やっぱり、目の演技はすごかったwwすっごく表情とか手に取るようにわかったです。
でも、今回の一番のやられちゃったシーンは、やっぱりあの泣きシーンではなかったかと・・・。

前置きはここら辺までにして(>(・・?) エッ!?前置きだったの?)

今日のいきなりは、伊集院先生から始まったこと!!
ネクラ君伊集院でた~!!でした。
伊集院君、患者さんのお部屋に行って独白しちゃっています。
朝田の愚痴を言っております。が、しかし・・・さすがに伊集院君
患者さんのお部屋間違えちゃっているよ( ;^^)ヘ..
伊集院君めっちゃくちゃ驚きまくり(゜ロ゜) 、そこまで驚かなくても(^^ゞ
しかも、言い訳しちゃっています。しどろ~もどろ~(焦り方がかわいい)
っていうか、えっ!?意識のない患者さんに伊集院のヒトリゴト言うのって、
癖だったんですね。(笑)そっか、くせかぁ(笑)

そして、まさか『医龍』でも、徹平ちゃんのお祈り姿が見られるとは思いませんでしたww
やったwwやったww
携帯を手と手の間に挟んでのお祈り♪きゃわゆい、きゃわゆいww
しかし、伊集院君の祈りは天には通じず・・・
朝田との当直で、急患が・・・そして、「虫垂炎を切れ」と・・・
しかも、手術の責任はお前が・・・とまで、伊集院君かなりのプレッシャーです。
めっちゃプレッシャー受けまくっているのわかります。
看護師さんんの応援を受け、伊集院君頑張ります。
オペ看の野村さんの「落ちついて!先生!」の一言で,伊集院先生の表情が
一瞬変わります。伊集院先生、その後頑張ってやっと見つけます!!よかったぁww
伊集院ぼくちゃん、オペ看さんも味方だねwwちゃんと見守ってもらえて嬉しいねww
(実はりん、オペ看の野村さんを演じられている、夏秋佳代子さんにも大注目
させて頂いております。てきぱきと器具を渡したり,本当に手さばきとかが
本物の看護しさんみたいで、感動です)

それにしても、朝田にかみつく伊集院君のマスクがパクパク(命名、やっちゃんさん)ですね。
かなりのパクパク(笑)今回1のパクパクだったかな?

しゅじゅちゅシーン、今回は2回ありました。しゅじゅちゅシーンはこちらにもかなりの
緊迫感や、緊張感が伝わってきます。
この緊迫感ってすごい。演じている役者さんたちの演技力や
チームワークの賜物ですよね。本当にすごい!!
りんなんて、TVの前で徹平ちゃんお祈りポーズをして、かなりドキドキしながら
祈りながら見ていましたもの(笑)
あとで、その姿をどうやら親に垣間見られていたようで、『あんたもしかして
TVでなんかへんな宗教のとか見て、それにはまっているとかじゃないでしょうね?』
って言われてしまいました(爆)
っていうか、りん朝から「今日は『医龍』だから、10:00からTV占領!!」宣言していた
はずなのに・・・もしかして、『医龍』教!?
いや、絶対「徹平ちゃん教」でしょう(笑)じゃ、信者1号ってことで・・・って(;^_^A
もちろん教えは「天然」がお約束?あと「エンジェルスマイル」も必須ですね!!

話はしゅじゅちゅシーンに戻しますが・・・。
徹平ちゃんのしゅじゅちゅ着姿、やっぱりお顔が小さいから目しか見えないし・・・
そうすると、もう「目」でものを言うしかないんですよね。
目だけで、泣きそうになったり、どぎまぎしたり、怯えたり、驚いたり、喜んだり
気合入れたり・・・と喜怒哀楽以上のものまでも表現していて、本当にすごい!!
徹平ちゃんのあの目の演技に吸い込まれてしまいました。
大きな黒い瞳であんあなに色々と訴えかけられてしまったら,モうダメです。
どんどん吸い込まれてしまいます。
徹平ちゃんの目力は,誰にも太刀打ちできません。

そういえば、しゅじゅちゅぎ着ていない徹平ちゃんの目の演技も光っていました。
それが顕著だったのは、やっぱり身元不明の外国人の急患さんを受け入れてしまい・・
の一連のシーン。
すっごく、目が語っていたと思います。
病院側の都合に納得いかない、悪者医師に対しての感情、自分が何も
できない苛立ち、悔しさ、悲しみ、無力感、そして、朝田の行動に対する驚きと期待・・・
すべてが目の表情から読み取れました。

そして、しゅじゅちゅを請け負った朝田に呼ばれて走っていく僕ちゃん。
あの走り方がすきなんです。かわいいんですww
前回は階段の駆け下り方にはまり、今回は走り方にはまり。

2度目の手術でも、僕ちゃんにまたピンチです!!
ぼくちゃん、ちょう大変です。
損傷箇所を見逃してしまったぼくちゃん。
肝臓を持ち上げた同時に、血がどば~っって・・・うわぁ・・・すごい・・・
それを見て、ぼくちゃん血の気が引いています。
って言うか、大量の血に、泣きそう・・・しかも倒れそう・・・。(りんも倒れそう)
やっぱり、かなり大量出血にはビビッてしまいますよね。(りんもビビった)
だって、まだ5例しか執刀したことがない僕ちゃんですし・・・。
ぶるぶる震えて、もう逃げ出してしまうんではないかと超心配。
そして、あ~~~もう倒れちゃうかもって、本気で心配になってしまった。
倒れたら、りんが下敷きになって徹平ちゃんを守ってあげる・・・
って言うか、下敷きになる前に、支えろって感じですよね。。。
はい、りんが支えます(たぶん、先に貧血おこさなければですが・・・)
肝臓ぼとっ、にはビックらでした。
りんのしゅじゅちゅのときは優しくしてね。ヾ(・・;)ォィォィ
って、言うか、ほんと切られやくでもいいので、エキストで出たいです。
あっ、伊集院君に切られる役ね。もちろん
でれるなら、肝臓の1個や2個くらい落とされても、文句言いません(爆)

おばあちゃんに話しかける伊集院君、本当に優しくて柔らかい表情で。
いつもの徹平ちゃんよりは若干大人な笑顔でしたが、どちらかといえば
伊集院の笑顔の中に、素の徹平ちゃんを見たような気がします。
いいなぁ、あんなに優しい笑顔で、優しい声で話しかけてもらえるなんて!!
あの笑顔ができるお医者さんがいたら、本当に安心して信頼して
治療に励めると思うんです。
徹平ちゃんが某TV誌で言っていた、「お医者さんに大切なのは
『笑顔』」って言う言葉、思い出しました。まさにそのとおりですね。
優しい笑顔で笑ってくれると、「大丈夫なんだ」って思えるし、たとえつらい治療があったと
しても、頑張ろうって思えます。
おばあちゃんにメールを教えてあげ、大丈夫、できますよってやさしく言うシーンいいなww
「これで僕の所にもメール送れますよ。メールください♡」
って・・・ほんと?まぢ?
そんなんいくらでもメールしまくっちゃうよ(笑)っていうか、お願いします、
メール送らせてやってくださいませ。
5分おきにりんからの、エンドレスなメール届いて~♪になっちゃいますよ!!
(>超迷惑ですよね・・・)

りん、やっぱり切られ役ではなくて、末期の患者さんやくでもいい!!
で、メールの打ち方教えてもらうのww手をとってもらって~~~
りんの手を徹平ちゃんのとっても美しい手にとってもらったら・・・気絶だわww
嬉しすぎてどうしましょ。そのまま離さないかも!!
きゃぁぁぁ(〃⌒ー⌒〃)∫゛ カァー(妄想中)

で、しっかり、メール送るんだww

しかし、その後おばあちゃんから「先生わかっているの。私末期がんなんでしょう?
ただ・・・・・・・もうちょっと楽に死にたいわねぇ・・・」の告白。
伊集院君の切ない表情に、キュンキュンでした。りんもすっごく切なくなっちゃった。
そんな伊集院君をぎゅっと抱きしめてあげたくなってしまいました。

そして、最後には、りんも号泣してしまいました。
おばあちゃんがなくなったというお知らせ。
その時点で、伊集院君泣きそうになってきているの。すでに鼻がヒクヒクって・・・
演技であそこまでできるのってすごくないですか?そんな伊集院君
おばあちゃんからの最初で最後のメールに気づきます。
メールを読んだ伊集院君、大号泣です。うずくまって泣いています。
りんも一緒にぽろぽろ涙が出てきちゃって・・・
そして、おばあちゃんからの“ぼくちゃんの勲章”メール聞いたら、
もうだめ・・・ぼろぼろ涙がこぼれてしまいました。(思い出すだけでも目頭が熱くなります)
あの号泣シーンはすっごく好きでした。
伊集院君だけど、徹平ちゃんそのものでもあったように思いました。
この、泣きのシーンでも、徹平ちゃんの演技力(雰囲気力)のすごさ、そして、
存在感に改めて脱帽でした。
泣きじゃくる伊集院君の隣にそっと寄り添って、そっと抱きしめてあげたくなりました。
何も言わず、とにかく泣いていいよって、抱きしめて背中をトントンしてあげて、
ちょっと落ち着いてきたら、肩を抱きしめて肩を貸してあげたいなって。
すっごく愛おしくてたまりません。
今,これを書いていてもあのシーン思い出すたびに涙が・・・

そんなぼくちゃんも、次週からTeam Medical Dragon
の2番目のメンバーになります。
朝田にしごかれつつ、でも、悩み苦悩し、どんどん成長していくんだろうな。
1話から2話だけでも、確実に成長した伊集院君。
そして、役者小池徹平も成長しているんだと思います。

贔屓目なしで、徹平ちゃんはすごいと思う!!
そして、やっぱり徹平ちゃんの演技力に感動☆
役者小池徹平おそるべしです。
間違いなく徹平ちゃんの代表作になるなと確信したりんでした。
[PR]
by bz178-teppei-rin | 2006-04-21 23:59 | teppei |
<< 時間がたりないよぅ。・゚゚・(... 頁とっぷ 今更な『TV JAPAN』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
ビー玉 Skin by Sun&Moon