徹平ちゃん日和♪

teppeikun.exblog.jp
Top
音楽情報誌♪ *おまけつき(謎)
2006年 03月 10日 |
『oricon style』


『PATI PATI』

本屋で音楽誌もチェック。
音楽誌に出ているのってなんだか嬉しい気がしちゃうんです。
だから、最近発売された音楽誌をぺらぺらと立ち読みして、
くまなく(?)WaTが出ていないか探してしまいました。

そして、『PATI PATI』さんに発見☆彡
たとえ写真が少なくても、たとえ写真がジャケ写だったとしても
たとえ、WaTのインタビューが載っていなかったとしても、コメントは
ライターさんだけだったとしても、やっぱり音楽誌に取り上げられている
っていうのが嬉しいなぁって思うんです。はい。

118~119ページにかけて見開きです。
紙質は、最初のほうのような光沢紙ではありませんでしたが・・・
P118には『卒業TIME~僕らのはじまり~』の通常版のジャケ写が
用いられていて、おっきく載っています。
P119にはライターさん(星野彩乃さん)の文と、したのほうにインフォが
載っていました(アルバム紹介と,DVD告知ですね)

星野さんの文ではアルバム収録曲の紹介というか一言コメントと
後、星野さんじしんの感想(まとめ)で構成されていました。
その中で、確かこのようなことがかかれていたと思いますので
うろ覚えながら紹介したいと思います。

「今作を聴くと、相手を思いやるキモチ、1歩を踏み出す勇気、
、未来への強い願い・・・など、忘れかけていた感情が自分の中にフツフツ
と沸きあがってくる。」
この部分読んで、そうそう、そうなんだよって思いっきり大きくうなずいていたりん。
このアルバムを聞いて、日常にかき消されていたキモチや、忘れかけていたキモチ
とっても蘇って来ました。
そして、現実から逃げていた自分、1歩をえいッ、って踏み出せていない自分
そんな自分がいタナぁって・・・
↑の星野さんの文は、まさに、りんが感じていたキモチの一部分にとっても
ピッタンこしたんです。

そして、この後、本文はこのような感じで続いていました。



*おまけ
CDショップにおいてあった、フリーペーパーです。
『』
[PR]
by bz178-teppei-rin | 2006-03-10 23:30 | WaT |
<< そうだ!名古屋に行こう♪ 頁とっぷ すごいことに・・・(^^;;; >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
ビー玉 Skin by Sun&Moon